ローボルト[会社](英語表記)Rowohlt Verlag

世界大百科事典 第2版の解説

ローボルト[会社]【Rowohlt Verlag】

1908年E.ローボルトがライプチヒに設立した文芸書を中心とするドイツの出版社。現所在地はハンブルク近郊ラインベク。第1次大戦後,表現主義文学系の作品を積極的に取りあげたことからもわかるように,常にアクチュアルな現代文学を刊行している。ムージルトゥホルスキーなどの全集を出すかたわら,外国文学の翻訳紹介にも意欲的。ことにフォークナーヘミングウェーをはじめとするアメリカ現代文学の紹介に特色がある。日本の谷崎潤一郎三島由紀夫などの翻訳もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android