コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローボルト[会社] Rowohlt Verlag

世界大百科事典 第2版の解説

ローボルト[会社]【Rowohlt Verlag】

1908年E.ローボルトがライプチヒに設立した文芸書を中心とするドイツの出版社。現所在地はハンブルク近郊ラインベク。第1次大戦後,表現主義文学系の作品を積極的に取りあげたことからもわかるように,常にアクチュアルな現代文学を刊行している。ムージルトゥホルスキーなどの全集を出すかたわら,外国文学の翻訳紹介にも意欲的。ことにフォークナーヘミングウェーをはじめとするアメリカ現代文学の紹介に特色がある。日本の谷崎潤一郎三島由紀夫などの翻訳もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ローボルト[会社]の関連キーワード国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣クリーマーロマン

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android