ローン特約(読み)ろーんとくやく

不動産用語辞典の解説

金融機関やローン会社からの融資前提として不動産を購入する場合に、予定していたローンが不成立になると、不動産の購入ができなくなる可能性があります。
そこで、予定していたローンが不成立になった場合は、売買契約白紙に戻すことができるといった特約を売買契約書の条項に盛り込むことがあります。これを「ローン特約」といいます。このローン特約は、売主買主の間で合意があればつけることができ、ローン特約により売買契約が解除となった場合には、売主は買主から既に支払われた金員を無利息で返還することになります。
なお、標準売買契約書ではローン特約は契約の一般条項のひとつとして条文化されています。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

リフォーム用語集の解説

土地や住宅などの売買契約時に買主保護のために契約の中に盛り込まれる特約。買主がローン特約の中で決められた期限内にローンの借入れができなかった場合は、買主は売買契約を白紙撤回することができ、買主がそれまでに支払った頭金などは全て買主に返却される。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android