コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般条項 いっぱんじょうこう

世界大百科事典 第2版の解説

いっぱんじょうこう【一般条項】

法の基本的理念を一般的・抽象的に示して法の運用の一般的指針を宣明する規定,あるいは一定の法的効果を発生させるための要件が具体的な内容を持たず抽象的である規定をいう。例えば,基本的人権に関する一般原理を定めた憲法11条,12条,13条(〈すべて国民は,個人として尊重される。生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利については,公共の福祉に反しない限り,立法その他の国政の上で,最大の尊重を必要とする〉)などや,またこれらと関連して,民法1条の〈私権ハ公共ノ福祉ニ遵フ〉(同条1項),〈権利ノ行使及ヒ義務ノ履行ハ信義ニ従ヒ誠実ニ之ヲ為スコトヲ要ス〉(同条2項),〈権利ノ濫用ハ之ヲ許サス〉(同条3項)などがあり,さらに,〈公ノ秩序又ハ善良ノ風俗ニ反スル事項ヲ目的トスル法律行為ハ無効トス〉(民法90条)や〈婚姻を継続し難い重大な事由があるとき〉(民法770条1項5号)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一般条項の関連キーワードトルコ=パキスタン協定ローン特約権利の濫用過失約款

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android