頭金(読み)アタマキン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

売買代金の分割払いの約束があるときに、買い主が最初に支払うべき金額。土地、家屋、自動車その他比較的高額の品物の売買について行われ、頭金を支払えば、目的の物が買い主に引き渡される。そのため通常、頭金の額は1回の分割支払い額よりはるかに高額の場合が多く、総代金の5分の1から2分の1に及ぶこともある。手付金とは異なり、頭金には多くの場合解約手付の性質はない。

[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① もとになる金。
※如是放語(1898)〈内田魯庵〉「忠君愛国の道徳先生は頭金(アタマキン)の調達に奔走し」
② 分割払いの最初の支払金。手付金。内金(うちきん)。保証金。
※話の屑籠〈菊池寛〉昭和六年(1931)七月「月賦で買ふと頭金を七百円乃至千円収めて、以後百五十円宛位支払へばいい事になってゐる」
③ 貸付金と担保物の時価との差額。〔取引所用語字彙(1917)〕
④ 将棋で王将の頭にうつ金将。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭金の関連情報