コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイゲオ島 ワイゲオトウ

デジタル大辞泉の解説

ワイゲオ‐とう〔‐タウ〕【ワイゲオ島】

Pulau Waigeo》インドネシア東端、ニューギニア島西岸沖に浮かぶ島。中央部に南岸からマヤリビト湾が深く貫入する。密林に覆われ、アカミノフウチョウをはじめ、希少なフウチョウが生息。沿岸では真珠の養殖が行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイゲオ島
わいげおとう
Pulau Waigeo

インドネシア東部の島。ニューギニア島の北西端沖合い64キロメートルに位置する。東西129キロメートル、南北45キロメートル。入り江に富み、中央部には島を二分するかのように南からマヤリビト湾が入り込んでいる。山がちで全島密林に覆われている。住民はパプア系が大部分で、海産物、サゴヤシを産する。ニッケル、コバルト、鉄の鉱床がある。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワイゲオ島の関連キーワードダンピア海峡(インドネシア)ワラス線

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワイゲオ島の関連情報