ワイゲオ島(読み)ワイゲオトウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイゲオ島
わいげおとう
Pulau Waigeo

インドネシア東部の島。ニューギニア島の北西端沖合い64キロメートルに位置する。東西129キロメートル、南北45キロメートル。入り江に富み、中央部には島を二分するかのように南からマヤリビト湾が入り込んでいる。山がちで全島密林に覆われている。住民はパプア系が大部分で、海産物、サゴヤシを産する。ニッケル、コバルト、鉄の鉱床がある。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android