コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイマラナー Weimaraner

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

ワイマラナー【Weimaraner】

ドイツのワイマール地方原産の大型犬。スチールカラーといわれる銀色被毛が特徴である。鳥猟犬番犬に使われている。ショートヘアーだけではなく、ロングヘアーもいる。JKCでは、第7グループ(ポインター・セター)に分類する。

出典 講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイマラナー
わいまらなー
Weimaraner

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、ドイツ原産。ワイマール地方の貴族が独占して飼育していた猟犬である。灰色の聖霊といわれるように、全身灰褐色、もしくはシルバーグレーの独特の毛色で、体つきはポインタータイプであるが、より頑丈。背は短くて力強く、胸や腰の発達がよい。頭部は適度に長く、鼻梁(びりょう)はまっすぐで、耳はやや高くつき垂れ耳である。目は青みがかった灰色かこはく色で、その目色が独特の風貌(ふうぼう)をつくりだしている。四肢はじょうぶでまっすぐによく伸び、指先の締まりもよい。短毛で、毛色は単色。胸に小白斑(はくはん)の出ることもあるが、好ましくない。尾は成犬になったときに5センチメートルぐらいになるように断尾される。鳥猟犬として用いられるが、耐久力があり、イノシシ、シカなどの獣猟にも用いられる。体高57~70センチメートル。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワイマラナーの関連キーワード増井光子猟犬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android