コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワディラム Wadi Rum

デジタル大辞泉の解説

ワディ‐ラム(Wadi Rum)

ヨルダン南部の峡谷地帯。サウジアラビアとの国境近くに位置している。「月の谷」とも称され、荒涼とした砂漠が広がる。T=E=ローレンスの著書の題名にもなった「知恵の七柱」や、標高1754メートルのラム山などの岩山が林立する。古代のナバテア人の寺院岩絵なども残っている。一帯は自然保護区に指定されているほか、2011年に世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワディラム【ワディラム】
Wadi Rum

ヨルダンのアカバにある砂漠の町。国立公園としての指定を受けた自然保護の対象地区である。映画『アラビアロレンス』のほとんどのロケがここで行われたといわれる。◇「ワディラム」は「月の谷間」という意味。ワディラム内にいくつもの村があり、合計で8000から1万人が住んでいる。ジープやラクダに乗って朝焼けや夕焼けに染まる大自然の景観を見物したり、ロッククライミングを楽しんだりする人が多い。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ワディラムの関連キーワードローレンス

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android