ワラッハ(読み)わらっは(英語表記)Otto Wallach

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワラッハ
わらっは
Otto Wallach
(1847―1931)

ドイツの有機化学者。3月27日、ケーニヒスベルク(現、ロシア領カリーニングラード)に生まれる。地方官吏の父の転勤によりポツダムで成長。ゲッティンゲンやベルリンでウェーラーやホフマンに学び、ボンでケクレの助手(1870)、薬化学教授(1879)を経て、V・マイヤーの後継としてゲッティンゲン大学教授(1887~1915)。テルペン研究の権威者であり、ケクレが収集し放置していた植物精油にテルペンが含まれることを知り、それに関する126の論文を発表し、当時混乱状態であったその種族に巧みな識別を行い、合成によって関係を明らかにし、精油工業の発展をもたらし、ステロイド化学の基礎となった。1910年ノーベル化学賞を受賞。1931年2月26日ゲッティンゲンで没した。[岩田敦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android