コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルラフ=リヒアルツ美術館 ワルラフ=リヒアルツびじゅつかんWallraf-Richartz-Museum, Köln

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルラフ=リヒアルツ美術館
ワルラフ=リヒアルツびじゅつかん
Wallraf-Richartz-Museum, Köln

ドイツ,ケルンにある市立美術館。 1824年美術史家フランツ・ワルラフがケルン市に遺贈した 15~16世紀のケルン派の絵画コレクションを基礎に設立。その後実業家ハインリヒ・リヒアルツが私財を投じて美術館の拡充をはかった。 20世紀に入ってからは,各国の現代美術の収集にも力を入れ,キルヒナーらドイツのブリュッケ派などを含む現代美術のルートウィヒ・コレクションを収容し,1976年これらをルートウィヒ美術館として同じ建物内に独立させた。またフランス印象派やドイツのロマン主義,表現主義のコレクションも充実している。代表的収蔵品に S.ロヒナーの『ばら園の聖母』,レンブラント最晩年の笑っている『自画像』,ゴッホの『アルルのはね橋』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワルラフ=リヒアルツ美術館の関連キーワード聖バルトロメウスの祭壇画の画家ローマ=ゲルマン美術館聖ウェロニカの画家ヨルダーンスクレーフェライプルブレイン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android