コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンカベリカ(英語表記)Huancavelica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワンカベリカ
Huancavelica

ペルー中南部,ワンカベリカ県県都。首都リマの東南東約 250km,アンデス山脈中の標高約 3800mの地にあり,アマゾン川水系マンタロ川の支流ワンカベリカ川にのぞむ。 16世紀後半,近くの水銀鉱山の開発に伴ってその採掘中心地として建設され,スペイン植民地時代を通して鉱山町として繁栄。水銀生産は 19世紀に衰退したが,1926年北のワンカヨを経てリマ方面と鉄道で結ばれると,再び鉱業が盛んになり,現在銀,鉛,水銀などの採掘・精錬中心地となっている。人口2万 7400 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワンカベリカ【Huancavelica】

ペルー中南部,同名県の県都。人口2万7400(1990)。アンデス山脈中のワンカベリカ川中流にあり,標高3680m。1572年にスペイン人が銀・水銀の採取のために建設した都市。19世紀には一時衰えたが,1926年ワンカヨとの間に鉄道が開通して復活,水銀・銀・鉛の精錬所があるほか,製粉・毛織物工業がある。アルマス広場の大聖堂は,ペルー植民地時代を代表する美術的建築物として有名。【田嶋 久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android