コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンストップ・ショッピング one-stop shopping

ブランド用語集の解説

ワンストップ・ショッピング

ワンストップ・ショッピングとは様々な商品を1ヶ所で買い求めることをいう。ワンストップ・ショッピングによる利便性を提供する業態として、スーパーや百貨店、ショッピングセンターなどがある。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ワンストップ・ショッピング

必要とするすべての商品を一ヵ所で取り揃えることができる買物消費者の時間や労力などの買物費用を大幅に低減させる経済的効果を持つため,消費者の時間の価値が高まるにつれて,その重要性も増大する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワンストップ・ショッピング
one-stop shopping

消費者が1ヵ所で必要なもののすべてを買い求めること。消費者にとっては,時間や労力の節約になり,利便性が高まることから,デパート,大手スーパー,ショッピング・センターなどが消費者の要求にこたえようと,消費者の動向を探っている。近年この傾向は金融機関にも広まり,金融機関の商品をすべてそろえる所も現れている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のワンストップ・ショッピングの言及

【ショッピング・センター】より

…都市住民の郊外への移動といういわゆるスプロール現象と,さらには自家用車の普及に伴って,第2次大戦後のアメリカで発展した集合型小売商店街。都市近郊に広大な土地を確保し,ドライブイン・シアターなどの施設を設け,百貨店やスーパーマーケットなど大規模小売店を核とし,これにチェーン・ストア,専門店,一般小売店などを集め,ワンストップ・ショッピングone‐stop‐shopping(1店舗に立ち寄るだけで,必要な商品の購入がすべて可能な買物)が可能なように計画的に形成された大規模な商店街である。大規模なもの(郊外型),中規模なもの(準郊外型),小規模なもの(近隣型)に分けられるが,郊外型では買回り品や専門品,準郊外型では買回り品,近隣型では最寄り品の品ぞろえが中心となる。…

※「ワンストップ・ショッピング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワンストップ・ショッピングの関連キーワードコンビネーション・ストアショッピング・センタースーパーマーケットスーパーセンター

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワンストップ・ショッピングの関連情報