ワンディー・シンワンチャー(読み)ワンディーシンワンチャー(英語表記)Wandee Singwancha

最新 世界スポーツ人名事典の解説

ワンディー・シンワンチャー(ワンディーシンワンチャー)
Wandee Singwancha
ボクシング

プロボクサー 元・WBC世界ミニマム級チャンピオン
生年月日:1980年2月5日
国籍:タイ
出生地:ウドーンターニー
経歴:両親はラオスからの移民。ムエタイ(タイ式ボクシング)を経て、1994年プロボクシングデビュー。’96年7月IBFインターコンチネンタルミニマム級王座を獲得したが、’97年8月王座陥落。’98年8月初の世界戦でロッキー・リン(台湾)に判定勝ちし、WBC世界ミニマム級暫定王座を獲得。’99年ウルフ時光を退け初防衛に成功、のち正規王者に認定される。2000年2月ホセ・アントニオ・アギーレ(メキシコ)に判定で敗れ、タイトルを失う。2003年3月WBF世界スーパーフライ級王者ピーター・カルショー(英国)、6月IBFパンパシフィックフライ級王者ビック・ダルチニアン(オーストラリア)に挑むが、いずれも判定で敗れる。2004年9月WBCインターナショナルライトフライ級王座決定戦でエルネスト・ルビリアル(フィリピン)を8回TKOで降して王座を獲得、11月初防衛に成功。2006年7月ルビリアルとの再戦でWBC世界ライトフライ級暫定王座を奪取、2階級制覇に成功したが、10月初の防衛戦である嘉陽宗嗣戦の際、計量をクリア出来ず王座を剥奪された(試合は判定勝ちを収めた)。2007年11月ABCOフライ級王座を獲得、防衛1回。2009年3月来日して亀田大毅と対戦、6回KO負けを喫した。5月にはWBOオリエンタルフライ級王座に挑んだが2回TKO負け。8月WBOアジア太平洋フライ級王座を獲得。2010年7月WBCインターナショナルスーパーフライ級王者シルベスター・ロペス(フィリピン)に挑戦するが2回TKO負け、2011年5月ペッツバーンボーン・ゴーキャットジム(タイ)とABCOコンチネンタルスーパーフライ級王座決定戦を闘うが敗れた。2013年5月ABCOコンチネンタルスーパーフライ級王者レックス・ツォー(香港)に挑むが4回TKO負け。通算戦績は67勝(18KO)17敗1分け。157センチの右ボクサーファイター。別名はワンディ・チョー・チャレオン。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android