コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワン・ツー・ワン・マーケティング one to one marketing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワン・ツー・ワン・マーケティング
one to one marketing

特定の顧客に1対1 (ワン・ツー・ワン) で対応し,客に合せた商品やサービスを提供すること。顧客一人一人のニーズに個別的に対応することで持続的な関係を保ち顧客シェアを獲得しようとする市場戦略法。不特定多数消費者を相手に市場シェアの拡大を目指す従来のマス・マーケティングに対抗するものとして,D.ペパーズと M.ロジャーズが提唱した。双方向的なパソコン・ネットの拡大など,情報技術の発達によって1対1の対応が可能になったことから生れた手法といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android