コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーツラフ4世(読み)ワーツラフよんせい(英語表記)Václav IV ; Wenzel(Wenzeslaus) IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーツラフ4世
ワーツラフよんせい
Václav IV ; Wenzel(Wenzeslaus) IV

[生]1361.2.26. ニュルンベルク
[没]1419.8.16. プラハ
ボヘミア王 (在位 1378~1400,1404~19) ,ドイツ王 (在位 1378~1400。皇帝位は教皇から承認されなかった) 。ウェンツェル,ウェンツェスラウスとも呼ばれ,ドイツ王としてはウェンツェル。カレル1世 (神聖ローマ皇帝としてはカルル4世 ) の子。ルクセンブルク家の出身。激烈,衝動的な性格の持ち主で,貴族と妥協できず,1393~94年貴族の陰謀によって捕えられ,1396年宮廷審問会に政権の委譲を余儀なくされ,また選帝侯によっても 1400年王 (皇帝) 位を剥奪され,1402年再度投獄された。その後ボヘミア王として復位し,貴族,聖職者を圧迫,またドイツとも激しく対立したが,国内でフス運動が起こり,その混乱のなかで死亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android