コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴァン・リード Van Reed, Eugene M.

朝日日本歴史人物事典の解説

ヴァン・リード

没年:1873.2(1873.2)
生年:1835
幕末維新期に来日した冒険的アメリカ商人。カリフォルニア出身(オランダ系)。浜田彦蔵と知り合ったのが縁で安政6(1859)年来日,神奈川領事館や横浜のアメリカ系商会で働き,いったん帰国。日本人労務者350人調達を請け負い,ハワイ国駐日総領事の肩書で慶応2(1866)年12月再来日。日本ハワイ条約締結を図るが,商人領事だと知れて不首尾に終わる。翌年幕府神奈川奉行所から180人分の渡航免状を取り,手始めに42人の日本人をグアムへ送り,新政府神奈川裁判所による外交事務接収後その許可を待たず141人をハワイへ送り出し,強引に日本人海外出稼ぎの端緒を開く。この間,『もしほ草』(外国新聞記事抄訳掲載紙)を創刊(1868),戊辰戦争では武器売り込みなどにも従事した。明治3(1870)年東京で私設ミニ取引所を無断で開き問題化することとなる。その他の問題も未解決のままホノルルで急死した。

(廣瀬靖子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ヴァン・リードの関連キーワード没年

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android