コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田彦蔵 はまだひこぞう

8件 の用語解説(浜田彦蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜田彦蔵
はまだひこぞう

[生]天保8(1837).8.21. 播磨
[没]1897.12.12. 東京
幕末に活躍した通訳,貿易商。アメリカ彦蔵,ヒコダ唐人ともいわれた。嘉永3 (1850) 年 10月 20日『栄力丸』で江戸を出航したが,遠州灘で遭難。 52日間漂流したあげくアメリカ船『オークランド』号に救助されて,翌年2月サンフランシスコに着いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はまだ‐ひこぞう〔‐ひこザウ〕【浜田彦蔵】

[1837~1897]幕末・明治の通訳・貿易商。播磨(はりま)の人。江戸への航海中に漂流し、米国船に救われて渡米、帰化し、ジョセフ=ヒコと称した。安政6年(1859)帰国、日米外交交渉に活躍し、また、日本最初の新聞「海外新聞」を横浜で発行。アメリカ彦蔵。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

浜田彦蔵【はまだひこぞう】

幕末・明治の貿易商。通称ジョセフ・ヒコ,アメリカ彦蔵とも。播磨(はりま)の人。1850年漂流中米国船に救助され渡米,1858年米国市民となる。1859年帰国し米国領事館の通訳として日米交渉に活躍。
→関連項目海外新聞岸田吟香

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜田彦蔵 はまだ-ひこぞう

ジョセフ=ヒコ

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

浜田彦蔵

没年:明治30.12.12(1897)
生年:天保8.8.21(1837.9.20)
幕末の漂流民,新聞創始者。通称アメリカ彦蔵,アメリカ名はジョセフ・ヒコ。嘉永3(1850)年,灘の樽廻船栄力丸に乗り組み江戸より帰航中に漂流,米船オークランド号に救助され,サンフランシスコに着く。1852年,ほかの乗組員と共に香港に送られるが,帰国のめどがたたぬまま同輩2人と共にアメリカへ帰り,後援者を得て教育を授けられ,アメリカ市民権を得る。開国後の安政6(1859)年に帰国,領事館通訳などを経て元治1(1865)年,最初の民間邦字新聞『海外新聞』を創刊,明治に入ってから各種の事業も経営した。最近ではその建白類が注目されている。<著作>『漂流記』,英文自伝《The Narrative of A Japanese》(邦訳『アメリカ彦蔵自伝』全2巻)<参考文献>「ジョセフ彦関係文書」(近代思想大系 田中彰編『開国』所収),近盛晴嘉『ジョセフ・ヒコ』

(春名徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまだひこぞう【浜田彦蔵】

1837‐97(天保8‐明治30)
幕末の漂流者。播磨(兵庫県)に生まれ,アメリカに帰化してジョセフ・ヒコJoseph Hecoと称し,アメリカ彦蔵ともいわれる。1850年(嘉永3)冬,江戸からの帰途海難にあい,漂流50余日でアメリカ船に救助され渡米,いったんマカオに送られたがペリー艦隊にあえず再び渡米し,アメリカで教育を受け,58年(安政5)アメリカ市民となった。その間ピアースおよびブキャナンの両大統領と会見し,59年アメリカ領事の通訳として来日し,日米通商条約の実施,遣米使節の派遣など外交交渉に活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はまだひこぞう【浜田彦蔵】

1837~1897) 幕末・明治の貿易商。播磨の人。通称はジョセフ=ヒコ。1850年航海中難破、アメリカ船に救助されて渡米、帰化。59年通訳として帰国、日米外交交渉に参画した。64年横浜で英字新聞を訳出した「海外新聞」を発行。アメリカ彦蔵。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜田彦蔵
はまだひこぞう
(1837―1897)

幕末の漂民、明治にかけての貿易商。播磨国(はりまのくに)(兵庫県)に生まれた船乗りの子。1850年(嘉永3)14歳のとき遠州灘(えんしゅうなだ)で暴風雨にあい漂流50余日、アメリカ船オークランド号に救助されて渡米。教育また洗礼も受け、帰化して名をジョセフ・ヒコと改めた。1859年(安政6)9年ぶりに日本に帰り、華やかな幕末外交界に登場、アメリカ領事館の通訳として活躍、開国後の日本の外交に尽くした。俗にアメリカ彦蔵、播州彦蔵(ばんしゅうひこぞう)ともよばれる。1861年(文久1)ふたたび渡米、翌1862年帰国後は商館を開設、神戸・長崎などで貿易を営んだ。
 彼は職を転々としているが、有名なのは1864年(元治1)横浜で岸田吟香(きしだぎんこう)らと日本での民間最初の新聞『海外新聞』を発刊したことである。また大蔵省で国立銀行条例の編集にあたったこともあった。自己の漂流について『漂流記』(1863)を著し、そのほか英文の自伝を刊行した。[小野信二]
『浜田彦蔵著、中川務他訳『アメリカ彦蔵自伝』2冊(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の浜田彦蔵の言及

【海外新聞】より

…1864年(元治1)6月に浜田彦蔵(ジョセフ・ヒコJoseph Heco)が岸田吟香らの協力で発行した新聞。当初は手書きで《新聞誌》と題されていたが,65年(慶応1)5月から木版印刷の《海外新聞》となった。…

※「浜田彦蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

浜田彦蔵の関連キーワードマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱辞典スタング(父子)常磐津文字太夫

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone