ヴィーナスの誕生

  • Venus
  • ヴィーナスのたんじょう

デジタル大辞泉プラスの解説

イタリア、ルネサンスの画家サンドロ・ボッティチェッリの絵画(1485)。原題《Nascita di Venere》。海のから生まれた女神ヴィーナス帆立貝の上に立ち、左側に西風のゼフュロス、右側に季節の女神ホーラが描かれる。『』と並ぶ、ルネサンス期を代表する名画の一つとして知られる。フィレンツェ、ウフィツィ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヴィーナスの誕生の関連情報