コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィーナスの誕生

1件 の用語解説(ヴィーナスの誕生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ヴィーナスの誕生

イタリア、ルネサンスの画家サンドロ・ボッティチェッリの絵画(1485)。原題《Nascita di Venere》。海の泡から生まれた女神ヴィーナス帆立貝の上に立ち、左側に西風のゼフュロス、右側に季節の女神ホーラが描かれる。『春』と並ぶ、ルネサンス期を代表する名画の一つとして知られる。フィレンツェウフィツィ美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヴィーナスの誕生の関連キーワードキリストの復活書斎の聖アウグスティヌスダンスリールネサンス合奏団マニフィカトの聖母ラ・プリマヴェーララ・ヴェラータヴィーナスとマルスイタリア・ルネサンス《イタリア・ルネサンスの文化》ルネサンス演劇

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヴィーナスの誕生の関連情報