ヴェルサイユ宮殿(読み)ヴェルサイユきゅうでん(英語表記)Palais de Versailles

旺文社世界史事典 三訂版の解説

パリの南西ヴェルサイユにある大宮殿
ルイ13世時代の小館をもとに,パリを嫌ったルイ14世がマンサール・ルブランらを用いて1661年より着工し,40年後一応完成した。豪華なバロック様式の宮殿,室内装飾と雄大な庭園とは特に壮観で,外国の宮殿の模範となった。三部会(1789),ドイツ帝国皇帝ヴィルヘルム1世の即位(1871),ヴェルサイユ条約調印(1919)などの歴史的事件の舞台ともなった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヴェルサイユ宮殿の関連情報