一の酉(読み)イチノトリ

デジタル大辞泉の解説

いち‐の‐とり【一の×酉】

11月の最初のの日。また、その日に開かれる鷲(おおとり)神社の祭礼。酉の市初酉(はつとり)。 冬》「灯の渦をぬければ星夜―/白葉女」→酉の市
[補説]書名別項。→一の酉

いちのとり【一の酉】[書名]

武田麟太郎の短編小説。昭和10年(1935)12月「改造」誌に発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちのとり【一の酉】

11月の最初の酉の日。また、この日に鷲おおとり神社(大鳥神社)で行われる酉の市いち。初酉はつとり[季] 冬。 → 二の酉三の酉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android