一の酉(読み)イチノトリ

  • いち
  • の 酉(とり)
  • 一の×酉
  • 書名

大辞林 第三版の解説

11月の最初の酉の日。また、この日に鷲おおとり神社(大鳥神社)で行われる酉の市いち。初酉はつとり[季] 冬。 → 二の酉三の酉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

一一月の最初の酉の日。この日、各所の鷲(おおとり)神社に酉の市が立つ。東京都台東区の大鳥神社の市が有名。初酉(はつとり)。→二の酉三の酉。《季・冬》
※風俗画報‐三四号(1891)人事門「三度市を開く故に一の酉二の酉三の酉の称あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android