コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鳥神社 おおとりじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大鳥神社
おおとりじんじゃ

大阪府中西部,堺市西区北町に鎮座する。元官幣大社。祭神はオオトリノムラジノオヤガミ,一説に日本武尊。例祭8月 13日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大鳥神社【おおとりじんじゃ】

大阪府堺市鳳(おおとり)北町に鎮座。旧官幣大社。天児屋(あめのこやね)命の末の大鳥連祖(おおとりのむらじのみおや)神をまつるとも,日本武(やまとたける)尊をまつるともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおとりじんじゃ【大鳥神社】

大阪府堺市鳳北町に鎮座。大鳥連祖(おおとりむらじのみおや)神と,1957年増祀された日本武(やまとたける)尊をまつる。創建年代は不詳であるが,社伝に日本武尊を葬った所より白鳥が飛び立ち,その最後にとどまった地に神社を建てたと伝える。《延喜式》では名神大社に列し,大鳥美波比神社,大鳥北浜神社,大鳥浜神社,大鳥井瀬神社の4社を合わせ大鳥五社明神とも呼ばれた。和泉国の一宮としても知られ,1871年(明治4)官幣大社に列した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおとりじんじゃ【大鳥神社】

大阪府堺市鳳おおとり北町にある神社。和泉国一の宮。祭神は大鳥連祖神おおとりのむらじのみおやのかみ・日本武尊やまとたけるのみこと。日本武尊が没後、白鳥となってこの地に飛来したと伝える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大鳥神社
おおとりじんじゃ

大阪府堺市鳳北(おおとりきた)町に鎮座。大鳥連祖神(おおとりむらじのみおやのかみ)と、1957年(昭和32)増祀(ぞうし)された日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀(まつ)る。創建年代は不詳。社伝には、日本武尊を葬った所より、その霊が白鳥になって飛び立ち、最後に留(と)まったこの地に神社を建てたと伝える。『延喜式(えんぎしき)』の名神(みょうじん)大社で、祈年(としごい)、月次(つきなみ)、新嘗(にいなめ)の官幣を受け、式内社の大鳥美波比(みはひ)神社、大鳥北浜神社、大鳥浜神社、大鳥井瀬神社の4社をあわせ、大鳥五社明神とよばれていた。和泉(いずみ)国の一宮(いちのみや)としても知られ、1871年(明治4)官幣大社に列格した。現在の本殿は、旧国宝の本殿が1905年(明治38)炎上したため、09年同一形式で再建されたもので、「大鳥造」とよばれる。出雲(いずも)大社の「大社造」に似た建築様式であるが、正面の入口が中央に寄り、回廊がないなどの特徴をもっている。例祭は8月13日。特殊神事として、花摘(はなつみ)女が野花をとって神前に捧(ささ)げる「花摘祭」が4月13日に行われる。[寳來正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大鳥神社の関連キーワード滋賀県甲賀市甲賀町鳥居野大阪府堺市西区鳳北町神社(じんじゃ)大阪府堺市西区中田 正朔富岡 鉄斎津守国美堺(市)神社建築富岡鉄斎中田正朔宮西諸助大鳥造酉の市いずみ一の酉大半小狩倉甲賀

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大鳥神社の関連情報