一両(読み)イチリョウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐りょう〔‐リヤウ〕【一両】

貨幣・重さの単位。→
《「両」は二つの意》一つ、または二つ。「一両人」「一両年」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちりょう【一両】

貨幣の単位。 →
〔「両」は二の意〕 一あるいは二。接頭語的に用いる。 「 -人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐りょう ‥リャウ【一両】

〘名〙
① (両は二つの意) 一つ、または二つ。一ないし二。「一両日」「一両人」「一両度」などのように語素としても用いられる。
※儀式(872)四「群臣一両巡後悠紀人入儀鸞門
※許六宛芭蕉書簡‐元祿六年(1693)五月四日「一両歳之内再会、無恙可御意
② (重さの単位) ⇒りょう(両)(一)①
③ (貨幣の単位) ⇒りょう(両)(一)②
④ 吉原で三度目に客になった時、遊女に与える祝儀の金。小判一両が普通であったことよりいう。
※雑俳・柳多留‐二〇(1785)「壱両のとこ花手とりやっと弐歩」
⑤ 明治以後、「一円」(貨幣の単位)のことをさしていう俗語。
⑥ 対(つい)になっているものの一組。
延喜式(927)一「錦鞋一両」
⑦ (甲冑(かっちゅう)、車両、大きな車などを数える単位) ⇒りょう(両)(二)②③

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一両の関連情報