一味徒党(読み)イチミトトウ

  • いちみととう ‥トタウ
  • いちみととう〔トタウ〕

大辞林 第三版の解説

ある目的を実行するために団結した仲間。同志。よからぬ企てをたくらむ一団をいうことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 同じ目的のために、仲間となること。また、その人々。同志の仲間。徒党。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)六「高の師直を討取らんと神文を取かはし、一味徒党(イチミトトウ)の連判かくのごとし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

同じ目的のために、仲間となること。また、その人々。同志の仲間。徒党

[使用例] そうかそれじゃおれもやろうと、即座に一味徒党に加盟した[夏目漱石*坊っちゃん|1906]

[使用例] 信用はあたりまえだ。それじゃ、おれはなこうどで、兼ねて財産横領の一味徒党か[石川淳*処女懐胎|1947]

[類語] いちどうしん

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android