コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神文 シンモン

デジタル大辞泉の解説

しん‐もん【神文】

起請の内容に偽りがあったり違背した場合、神仏の罰を受けるべき旨を記した文。→起請文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんもん【神文】

起請きしようにあたって、神仏を勧請かんじようして違契したら罰を受ける旨を記した文書。 → 起請文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神文の関連キーワード立入宗継(たてりそうけい)感恩寺址東西三層石塔国民精神文化研究所フォン・クレーマー国立教育政策研究所カール・アウグスト吏読・吏吐・吏道シュタードラー国立教育研究所東西文化論争大倉山記念館チベット問題中野 与之助タルムード輯安四神塚立入家文書オロモウツココシュカ紀平 正美ワイマール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android