一寸の光陰軽んずべからず(読み)いっすんのこういんかろんずべからず

ことわざを知る辞典の解説

一寸の光陰軽んずべからず

わずかな時間であっても、決してむだにしてはならない。

[使用例] 昔の明治時代の学生は、「少年老い易く学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず」というような文句を、洋燈のに書きつけて勉強した[萩原朔太郎*阿帯|1940]

[解説] 人口に炙した成句で、一般にしゅの詩「偶成」の「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」が典拠とされますが、この詩は朱熹の詩文集に見あたりません。

英語〕Time is money.(時は金なり)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android