少年老い易く学成り難し(読み)ショウネンオイヤスクガクナリガタシ

  • しょうねん
  • 少年
  • 少年(しょうねん)老(お)い易(やす)く学(がく)成(な)り難(がた)し
  • 老(お)い易(やす)く学(がく)成(な)り難(がた)し

精選版 日本国語大辞典の解説

若いと思っているうちにすぐに年老いてしまい、志す学問は遅々として進まない。年月は移りやすいので寸刻をおしんで勉強せよということ。
[補注]朱熹の偶成詩「少年易老学難成、一寸光陰不軽、未覚池塘春草夢、階前梧葉既秋声」からとされているが、朱熹の詩文集にこの詩は見られず疑問。近世初期に五山詩を集成した「翰林五鳳集‐三七」には、「進学軒」の題で、室町前期の五山僧惟得巖の作としてこの詩が収録されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

年月が過ぎ去るのは早いもので、自分は若いと思っているうちにすぐに年老いてしまう。それに反して、学問の方はなかなか思うように進まない。だから、寸刻をおしんで勉強しなくてはならない。

[使用例] この十年間に比べると、廿七歳から卅七歳までの十年間には、これといった起伏がない。時間の経ちようも、あとの十年間のほうがはるかに速い。少年老い易く、学成り難し、とはよく言ったものだ[三島由紀夫*私の遍歴時代|1964]

[解説] 朱熹の「偶成」の「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず、未だ覚めず池塘春草夢、階前の梧葉已に秋声」からとされることが多いが、朱熹の詩文集にこの詩は見られず、近世初期に五山詩を集成した「翰林五鳳集―三七」には、「進学軒」ので、室町前期の五山惟肖得巖のとしてこの詩が収録されています。

〔英語〕Art is long and life is short.(芸術は長く、人生は短し)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

若い時期はすぐに過ぎていくのに、学問はなかなか一人前にならない、ということ。

[使用例] この十年間に比べると、廿七歳から卅七歳までの十年間には、これと云った起伏がない。時間の経ちようも、あとの十年間のほうがはるかに速い。少年老い易く、学成り難し、とはよく云ったものだ[三島由紀夫*私の遍歴時代|1964]

[由来] あとに「一寸の光陰、軽んずべからず(わずかな時間であっても、決してむだにしてはならない)」と続く、漢詩の一句。以前は、一二世紀の中国の文人しゅの「ぐうせい」という詩の一句だとされていました。しかし、朱熹の詩文集にこの詩は見当たらず、近年では、一四~一五世紀、室町前期の僧、しょうとくがんの作だとされています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android