コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一峰明一 いっぽう みょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一峰明一 いっぽう-みょういち

?-1349 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。三河(愛知県)の人。同国に実相寺をひらいた無外爾然(むがい-にねん)に師事し,その法をつぐ。のち京都東福寺の住持となり,晩年は同寺正法院にすんだ。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年9月23日死去。諡号(しごう)は仏海禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一峰明一の関連キーワード南北朝時代臨済

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android