一峰明一(読み)いっぽう みょういち

  • 一峰明一 いっぽう-みょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-1349 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。三河(愛知県)の人。同国に実相寺をひらいた無外爾然(むがい-にねん)に師事し,その法をつぐ。のち京都東福寺の住持となり,晩年は同寺正法院にすんだ。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年9月23日死去。諡号(しごう)は仏海禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android