コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一日経 イチニチキョウ

デジタル大辞泉の解説

いちにち‐きょう〔‐キヤウ〕【一日経】

《「いちにちぎょう」とも》1日のうちに書写し終えた経典。特に法華経の例が多く、大勢で分担して書写した。頓写(とんしゃ)。
「手負ひのただ今落ち入るに、―書いて弔(とぶら)へ」〈平家・一一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちにちきょう【一日経】

(供養などのために)大勢で経典、主に法華経を一日の間に写し終えること。頓写とんしや

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一日経の関連キーワード落ち入る・陥る・落入る光明皇后願経正倉院文書プログレス光明皇后写経所進行図三陟玄昉供養

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一日経の関連情報