一日経(読み)イチニチキョウ

デジタル大辞泉の解説

いちにち‐きょう〔‐キヤウ〕【一日経】

《「いちにちぎょう」とも》1日のうちに書写し終えた経典。特に法華経の例が多く、大勢で分担して書写した。頓写(とんしゃ)。
「手負ひのただ今落ち入るに、―書いて弔(とぶら)へ」〈平家・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちにちきょう【一日経】

(供養などのために)大勢で経典、主に法華経を一日の間に写し終えること。頓写とんしや

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android