コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓写 とんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頓写
とんしゃ

経典をすばやく書写すること。日本では平安時代以来,儀式として行われ,『中右記』嘉保3 (1096) 年3月 18日の条には,1日に『一切経』を書写したとあり,静岡県鷺津町妙立寺には,藤原基衡が父清衡のため1日に『法華経』 1000部を書写した遺品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とん‐しゃ【頓写】

急いで書き写すこと。
追善供養のため大勢が集まって一部の経を1日で写すこと。一日経。
「一日―の経書きて、回向(ゑかう)して」〈仮・御伽婢子・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とんしゃ【頓写】

( 名 ) スル
急いで書き写すこと。
〘仏〙 追善供養のため大勢の人が集まって一日で一部の経を書き写すこと。頓経。一日経。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頓写の関連キーワード熊本(市)追善供養一日経大勢経典

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android