一条内嗣(読み)いちじょう うちつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条内嗣 いちじょう-うちつぐ

1336-? 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
建武(けんむ)3=延元元年生まれ。一条経通(つねみち)の長男。北朝につかえ,康永3=興国5年従三位となる。権(ごんの)大納言,正二位にすすんだが,逐電して南朝方に参じたため官位を剥奪(はくだつ)された。貞治(じょうじ)元=正平(しょうへい)17年(1362)出家として処理される。弟の房経(ふさつね)も早世し,経通の養嗣子となった経嗣(つねつぐ)が一条家を相続した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android