コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条内嗣 いちじょう うちつぐ

1件 の用語解説(一条内嗣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条内嗣 いちじょう-うちつぐ

1336-? 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
建武(けんむ)3=延元元年生まれ。一条経通(つねみち)の長男。北朝につかえ,康永3=興国5年従三位となる。権(ごんの)大納言,正二位にすすんだが,逐電して南朝方に参じたため官位を剥奪(はくだつ)された。貞治(じょうじ)元=正平(しょうへい)17年(1362)出家として処理される。弟の房経(ふさつね)も早世し,経通の養嗣子となった経嗣(つねつぐ)が一条家を相続した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一条内嗣の関連キーワード延元宇佐輔景楠木正成楠木正季後伏見天皇少弐貞経相馬重胤千種忠顕土居通増名和長年

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone