コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条昭良 いちじょう あきよし

美術人名辞典の解説

一条昭良

江戸前期の公卿。後陽成天皇第九皇子、関白一条内基の養子。幼名は九宮、初名は兼遐。左大臣従一位に進み、摂政・関白を務め、後水尾院政期に重要な役割を果たした。剃髪して恵観と号する。書を能くし、歌人・茶人としても著名。寛文12年(1672)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条昭良 いちじょう-あきよし

1605-1672 江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
慶長10年4月26日生まれ。後陽成(ごようぜい)天皇の第9皇子。母は中和門院。一条内基(うちもと)の養嗣子。寛永6年関白,左大臣,明正(めいしょう)天皇の摂政。正保(しょうほ)4年後光明(ごこうみょう)天皇の摂政,のち関白となり,同母兄後水尾(ごみずのお)上皇を補佐した。従一位。茶の湯を金森宗和(そうわ)にまなび,京都西賀茂(かも)に茶室をいとなんだ。寛文12年2月12日死去。68歳。初名は兼遐(かねとお)。法名は恵観。法号は智徳院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

一条昭良 (いちじょうあきよし)

生年月日:1605年4月26日
江戸時代前期の公家
1672年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

一条昭良の関連キーワード近松門左衛門茶室一覧生年月日一条教輔恵観山荘醍醐冬基一条恵観一条兼遐

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android