コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一次方程式 イチジホウテイシキ

デジタル大辞泉の解説

いちじ‐ほうていしき〔‐ハウテイシキ〕【一次方程式】

未知数の最高次数が1である方程式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いちじほうていしき【一次方程式 linear equation】

xを未知数とする方程式2x+3=0を考えよう。両辺から3を引いて,2x=-3を得る。両辺を2で割れば,x=-3/2となって,これが解である。一般にxを未知数とする方程式axb=0を一次方程式という。上記の特別な場合と同様に,両辺からbを引くとax=-bとなるから,a≠0ならば,この両辺をaで割って,x=-b/aを得る。したがって,a≠0ならば-b/aが解である。a=0でb≠0ならば,この方程式は解をもたない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちじほうていしき【一次方程式】

未知数の最高次の項が一次である方程式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一次方程式
いちじほうていしき

未知数の次数が1である代数方程式をいう。たとえばx、y、zを未知数、a、bなどを定数とするとき、ax+b=0、ax+by+c=0、ax+by+cz=0(ただし未知数の係数はゼロでないとする)は一次方程式である。未知数の個数が1、2などに応じて一元、二元などと形容する。前記の例はそれぞれ一元、二元および三元の一次方程式である。
 一元一次方程式は、式変形によって標準の形ax+b=0になる。この方程式の根(解)は、-b/aである。a≠0の条件を除けば、a=0、b≠0のとき不能または根が存在せず、a=b=0のときは不定または根が無数にある。
 一般に二元以上の複数個の一次方程式において、同じ文字の未知数は同じ値をとるものとするとき、これら方程式の組を連立一次方程式という。たとえば
  ax+by+c=0, a′x+b′y+c′=0
の組は連立二元一次方程式である。これら方程式をともに成り立たせる未知数の値の組を連立方程式の根(解)という。この例でab′-a′bがゼロでないとき、根は1組だけ存在し、ゼロのときは根が存在しないか、または無数に存在する。このことは、二元一次方程式を直線の方程式とみて、グラフ表示すれば直観的に明らかになる。連立一次方程式の解法には等置法、加減法および代入法などがある。また一般の連立一次方程式の根の考察には、行列および行列式の理論が用いられる。[竹内芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一次方程式の関連キーワードシグナルフローグラフクレーマーの規則クラメルの公式佐々木 達治郎連立一次方程式ヒルベルト空間消去(数学)コンピュータフレドホルム算木(計算)コレスキー法解析幾何学線形代数学二元方程式積分方程式ザイデル法未定係数法連立方程式最小二乗法有限要素法

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一次方程式の関連情報