コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大聖 ダイショウ

デジタル大辞泉の解説

だい‐しょう〔‐シヤウ〕【大聖】

仏道の悟りを開いた人の尊称釈迦(しゃか)。菩薩(ぼさつ)にもいう。

たい‐せい【大聖】

聖人の中でも特にりっぱな人格を備えている人。最もすぐれた聖人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいしょう【大聖】

〘仏〙 仏を敬っていう語。大聖主。 〔「たいせい」と読めば別語〕

たいせい【大聖】

非常に人格のすぐれた聖人。徳が最も高い聖人。 → だいしょう(大聖)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大聖の関連キーワード福島県双葉郡浪江町北幾世橋大分県豊後大野市犬飼町柴北サラソウジュ(沙羅双樹)竹崎観世音寺修正会鬼祭埼玉県比企郡小川町下里佐賀県武雄市北方町大崎愛知県豊川市牛久保町埼玉県越谷市相模町千葉県いすみ市大原大阪府八尾市太子堂カーンチープラムウッジャインガネーシャツファット清岩里廃寺古岳宗亘則天武后ハリールナジャフルンビニ

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大聖の関連情報