コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一眼レフ イチガンレフ

3件 の用語解説(一眼レフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちがん‐レフ【一眼レフ】

焦点調整用と撮影用とを一つのレンズで兼ねるレフレックスカメラ。近年は、フィルム面をイメージセンサーに置き換えたデジタル一眼レフカメラが主流となっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

一眼レフ

 カメラの種類の中で、撮影レンズを通った光をミラーで反射し、その像をスクリーンピント板)に結ばせて、それを見る方式のカメラ。一般には、 ペンタプリズム という五角形プリズム、またはペンタミラーという五角形に組み合わせたミラーを使って、像を左右正像にして、目の高さ(=アイレベル)で見るようになっている。  一眼レフの特長は、レンズが交換できることのほか、視差(パララックスと言う)がなく接写などに有利な点があげられる。また、レンズを通った光で測光するTTL露出計も組み込めるため、測光精度の面でも有利である。  なお、ズームレンズ一体式デジタルカメラで EVF (電子ビューファインダー)を使ったカメラは、一眼レフと呼ばずに、一眼タイプネオ一眼などと呼ぶ。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちがんレフ【一眼レフ】

撮影レンズがファインダー用レンズを兼ねるカメラ。 → レフレックス-カメラ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一眼レフの関連キーワード広角コンバージョンレンズ超望遠レンズレフレックスカメラAFカメラカメラスクリプトテレコンバーターTVカメラマスターレンズレンズ付フィルム

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一眼レフの関連情報