一眼レフ(読み)イチガンレフ

カメラマン写真用語辞典の解説

一眼レフ

 カメラの種類の中で、撮影レンズを通った光をミラーで反射し、その像をスクリーン(ピント板)に結ばせて、それを見る方式のカメラ。一般には、 ペンタプリズム という五角形のプリズム、またはペンタミラーという五角形に組み合わせたミラーを使って、像を左右正像にして、目の高さ(=アイレベル)で見るようになっている。  一眼レフの特長は、レンズが交換できることのほか、視差パララックスと言う)がなく接写などに有利な点があげられる。また、レンズを通った光で測光するTTL露出計も組み込めるため、測光精度の面でも有利である。  なお、ズームレンズ一体式デジタルカメラで EVF (電子ビューファインダー)を使ったカメラは、一眼レフと呼ばずに、一眼タイプ、ネオ一眼などと呼ぶ。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一眼レフの関連情報