一網打尽(読み)イチモウダジン

デジタル大辞泉の解説

いちもう‐だじん〔イチマウ‐〕【一網打尽】

《「宋史」范純仁伝から》一度打ったでそこにいる魚を全部捕らえること。転じて、一味の者を一度に全部捕らえること。「密輸グループを一網打尽にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちもうだじん【一網打尽】

〔「宋史范純仁伝」より。網を一度打ってそこにいる魚を全部取る意〕
一味の者を一度で全部つかまえること。 「窃盗団を-にする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちもう‐だじん イチマウ‥【一網打尽】

〘名〙 一度網を打ちおろして多くの魚を取りくすこと。転じて、一挙に一味の者を残らず捕えること。
※穏健なる自由思想家(1910)〈魚住折蘆〉「今や警視庁は其取締の歩調をロヂカルに進めて来て一網打尽的に自由思想を抑へようとするに至った」 〔宋史‐范純仁伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一網打尽の関連情報