コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一臘/一﨟 イチロウ

1件 の用語解説(一臘/一﨟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いち‐ろう〔‐ラフ〕【一×臘/一×﨟】

出家受戒後、安居(あんご)を一度終えたこと。これを法臘1歳と数える。転じて、年功を積んだ僧。最上位の僧。→臘(ろう)
「金峰山の別当はかの山の―をなむ用ゐける」〈今昔・二八・一八〉
蔵人北面の武士などの首席の者。
「―の判官藤原康光」〈著聞集・一八〉
年功を積んで、長老となった者。
「中座の―は、二分、中座の端居(つまをり)は」〈申楽談儀・魚崎御座之事〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一臘/一﨟の関連キーワード安居法臘夏安居自恣冬安居法名雪安居戒﨟中﨟

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone