コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウ

デジタル大辞泉の解説

ろう〔ラフ〕【×臘】

冬至ののち、第3の戌(いぬ)の日に行う祭り。猟の獲物を祖先や神々に供える。
陰暦12月の異称。臘月。
﨟(ろう)1」に同じ。
﨟(ろう)2」に同じ。

ろう【臘】[漢字項目]

[音]ロウ(ラフ)(呉)(漢)
冬至の後、第三の戌(いぬ)の日に行う祭り。「臘祭」
年の暮れ。一二月。「臘月客臘(かくろう)旧臘
僧の修行の年数。「戒臘夏臘(げろう)法臘
年功による地位や身分。「下臘(げろう)上臘中臘
[補説]「﨟」「臈」は俗字で、特に4に用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

臘の関連キーワード方臘の乱・方臈の乱・方﨟の乱卯の花曇り・卯の花曇夏臘・夏臈・夏﨟臈次・﨟次・臘次法臘・法臈・法﨟旧臘・旧臈・旧﨟オゾケライト真臘風土記暁知・暁智簡朴・簡樸石臘頁岩年の暮れ半醒半睡育する頻数昔者眉宇零本救正黄落

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臘の関連情報