コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色満範 いっしき みつのり

1件 の用語解説(一色満範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色満範 いっしき-みつのり

1368-1409 南北朝-室町時代の武将。
応安元=正平(しょうへい)23年生まれ。一色詮範(あきのり)の子。明徳2=元中8年父とともに山名氏清らの乱(明徳の乱)を鎮圧した功により,翌年丹後(京都府)守護となる。応永(おうえい)8年剃髪,13年父の跡をつぎ若狭(わかさ)(福井県),三河(愛知県)の守護も兼任。15年若狭小浜(おばま)に漂着した南蛮船から黒象などをおくられ,船を新造し翌年帰還させた。応永16年1月6日死去。42歳。法名は道範(どうはん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

一色満範の関連キーワード南北朝時代兼国(2)五条良量槌太夫長瀬泰貞新田貞方波多野通郷山科教冬遊佐国長頼勝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone