コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道範 どうはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道範 どうはん

1178-1252 鎌倉時代の僧。
治承(じしょう)2年生まれ。真言宗。高野山の明任(みょうにん),覚海,京都禅林寺の静遍(じょうへん)らにまなび,金剛峰寺(こんごうぶじ)執行(しゅぎょう)となる。仁治(にんじ)4年大伝法院と金剛峰寺との内紛に関係して讃岐(さぬき)(香川県)にながされ,「南海流浪記」をのこす。建長元年ゆるされて帰山。建長4年5月22日死去。75歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。
【格言など】愚者は,沖の波は磯に来り,磯の波は沖へ行くと思うなり。全く,然らず(「道範消息」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

道範

没年:建長4.5.22(1252.6.30)
生年:治承2(1178)
鎌倉前・中期の真言宗の僧。中世高野山の密教研究を主導した学匠。和泉国船尾(大阪府堺市)の出身。14歳で高野山に登り出家。建保4(1216)年具支灌頂ののち,覚海のもとで研究に邁進し門下四哲のひとりと称された。さらに禅林寺の静遍から密教と融合した念仏思想を,醍醐寺の守覚から広沢流の秘訣を受けるなど研鑽を積み,帰山。高野山の主流派として自説を講じたが,寛元1(1243)年,覚鑁派の牙城たる大伝法院焼打の責任を問われ,讃岐(香川県)に配流された。建長1(1249)年許されて帰山し,講座を再開した。道範は覚海を継承しつつ,醍醐系統の現象界はそのまま絶対真理の顕現という思想を加味し,宇宙の根本原理は一とする「不二門」哲学の樹立を試みた。配流先でも巡礼,法座,著述に励むなど,強靭な精神力の持ち主であった。著書70以上,主著『大日経疏遍明鈔』『秘密念仏鈔』。弟子に能遍,清円 など。<参考文献>櫛田良洪『真言密教成立過程の研究』

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

道範の関連キーワード市川 虎四郎川崎 善三郎西久保 弘道宇野 要三郎高野 佐三郎清水 隆次小沢愛次郎本間 三郎川崎善三郎中野 慶吉千葉 胤次高野佐三郎市川虎四郎奥村 寅吉本間三郎報道協定内藤高治奥村寅吉心地覚心小沢 武

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道範の関連情報