コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道範 どうはん

2件 の用語解説(道範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道範 どうはん

1178-1252 鎌倉時代の僧。
治承(じしょう)2年生まれ。真言宗。高野山の明任(みょうにん),覚海,京都禅林寺の静遍(じょうへん)らにまなび,金剛峰寺(こんごうぶじ)執行(しゅぎょう)となる。仁治(にんじ)4年大伝法院と金剛峰寺との内紛に関係して讃岐(さぬき)(香川県)にながされ,「南海流浪記」をのこす。建長元年ゆるされて帰山。建長4年5月22日死去。75歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。
【格言など】愚者は,沖の波は磯に来り,磯の波は沖へ行くと思うなり。全く,然らず(「道範消息」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

道範

没年:建長4.5.22(1252.6.30)
生年:治承2(1178)
鎌倉前・中期の真言宗の僧。中世高野山の密教研究を主導した学匠。和泉国船尾(大阪府堺市)の出身。14歳で高野山に登り出家。建保4(1216)年具支灌頂ののち,覚海のもとで研究に邁進し門下四哲のひとりと称された。さらに禅林寺の静遍から密教と融合した念仏思想を,醍醐寺の守覚から広沢流の秘訣を受けるなど研鑽を積み,帰山。高野山の主流派として自説を講じたが,寛元1(1243)年,覚鑁派の牙城たる大伝法院焼打の責任を問われ,讃岐(香川県)に配流された。建長1(1249)年許されて帰山し,講座を再開した。道範は覚海を継承しつつ,醍醐系統の現象界はそのまま絶対真理の顕現という思想を加味し,宇宙の根本原理は一とする「不二門」哲学の樹立を試みた。配流先でも巡礼,法座,著述に励むなど,強靭な精神力の持ち主であった。著書70以上,主著『大日経疏遍明鈔』『秘密念仏鈔』。弟子に能遍,清円 など。<参考文献>櫛田良洪『真言密教成立過程の研究』

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道範の関連キーワード泉智等弘法大師高岡隆心高野山大学高野古義真言宗覚海信慧峰宿良喜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道範の関連情報