コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色直朝 いっしき なおとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色直朝 いっしき-なおとも

?-1597 戦国-織豊時代の武将,歌人。
武蔵(むさし)幸手(さって)城(埼玉県)城主。古河公方(くぼう)足利晴氏,義氏につかえる。三条西実枝(さねき)に和歌をまなぶ。歌人として源姓を名のり,家集に「桂林集」がある。水墨画もよくした。慶長2年11月14日死去。号は月庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一色直朝の関連キーワードクーケバッケルフィゲイレド足利義昭葛西晴信来島通総沈惟敬ナバレテフィゲイレドフロイスリバルタ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android