コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色義春 いっしき よしはる

1件 の用語解説(一色義春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色義春 いっしき-よしはる

1466-1484 室町時代の武将。
文正(ぶんしょう)元年生まれ。一色義直の子。将軍足利義尚(よしひさ)につかえる。文明6年応仁(おうにん)の乱の際に父が武田信賢(のぶかた)にうばわれた丹後(京都府)の守護となる。9年父の旧領伊勢(いせ)(三重県)半国をめぐる北畠政郷(まささと)との争いに敗れるが,11年幕府裁定によって守護に任じられた。文明16年9月4日死去。19歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一色義春の関連キーワード文正蔭涼軒日録親長卿記東常縁ビバリーニ[一族]ピントゥリッキョ尼子経久泉屋道栄東常縁中御門宣秀

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone