一色義春(読み)いっしき よしはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色義春 いっしき-よしはる

1466-1484 室町時代の武将。
文正(ぶんしょう)元年生まれ。一色義直の子。将軍足利義尚(よしひさ)につかえる。文明6年応仁(おうにん)の乱の際に父が武田信賢(のぶかた)にうばわれた丹後(京都府)の守護となる。9年父の旧領伊勢(いせ)(三重県)半国をめぐる北畠政郷(まささと)との争いに敗れるが,11年幕府裁定によって守護に任じられた。文明16年9月4日死去。19歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android