コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色貞重 いっしき さだしげ

1件 の用語解説(一色貞重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色貞重 いっしき-さだしげ

?-1591 戦国-織豊時代の武士。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。三河(愛知県)一色にうつり,天文(てんぶん)18年安城の本証寺の後継院主をめぐる門徒連判状に鈴木姓で名がみえる。のち徳川家康につかえる。天正(てんしょう)18年家康の江戸城入城には病気のため随行せず,19年1月14日死去。通称は弥次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一色貞重の関連キーワード日本のおもな城九戸政実太閤検地本願寺身分統制令九戸城昭和南海地震の被害長崎の活版印刷昭和南海地震居合

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone