コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色貞重 いっしき さだしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色貞重 いっしき-さだしげ

?-1591 戦国-織豊時代の武士。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。三河(愛知県)一色にうつり,天文(てんぶん)18年安城の本証寺の後継院主をめぐる門徒連判状に鈴木姓で名がみえる。のち徳川家康につかえる。天正(てんしょう)18年家康の江戸城入城には病気のため随行せず,19年1月14日死去。通称は弥次郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一色貞重の関連キーワード織豊時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android