一諾千金(読み)イチダクセンキン

大辞林 第三版の解説

史記 季布伝黄金百斤、不季布一諾
一度承諾したことは、千金にもかえがたいものであり、必ず守らなければならないの意。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「史記‐季布伝」の「楚人諺曰、得黄金百斤、不季布一諾」による語) 男子が一諾することは千金にも換えがたい価値があるということ。約束は重んじなければならないということのたとえ。
※江戸繁昌記(1832‐36)三「命を賭し、一諾千金、強きを挫き、弱きを援く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

一度承知して引き受ければ、それは千金にも換えられない価値があること。約束は重んじなければならないということのたとえ。

[使用例] 子路が〈〉独立不覊の男であり、一諾千金の快男児であるだけに[中島敦弟子|1943]

[解説] 中国漢代の楚人、季布は信義を重んずる人で、彼の一諾を得るのは、黄金百斤を得るのにもまさる、といわれたという「史記―季布伝」の故事によっています。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android