七七日(読み)しちしちにち

精選版 日本国語大辞典「七七日」の解説

しち‐しちにち【七七日】

〘名〙 死亡の日から四九日目の日。また、その日の法要。人が死んで四九日の中有の期間が過ぎると、次の生が決定するという。なななぬか四十九日七七。七七。斎七。
※霊異記(810‐824)中「死にし後、七々日を経て、大きなる毒の蛇在りて、其の室の戸に伏せり」
※今昔(1120頃か)三「世間に人死て後、七々日に当る仏事を脩する所有り」 〔潜邱箚記〕

なな‐なぬか【七七日】

〘名〙 人が死んでから四九日目。また、その日に行なう法事。死後それまでの間は、死者の魂が所を得ないでさまようものとされる。しちしちにち。なななのか。ななめぐり。四十九日。
※栄花(1028‐92頃)玉の飾「かくて七々日の御有様、せさせ給事ども、え書き続けず」

なな‐なのか【七七日】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「七七日」の解説

なな‐なぬか【七七日】

人の死後49日目。四十九日しじゅうくにち七巡ななめぐり。しちしちにち。なななのか。「七七日の法要」
[類語]四十九日

しち‐しちにち【七七日】

人の死後、49日目。また、その日に営む法要。四十九日。なななぬか。

なな‐なのか【七七日】

なななぬか」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android