コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七七日 シチシチニチ

デジタル大辞泉の解説

しち‐しちにち【七七日】

人の死後、49日目。また、その日に営む法要四十九日ななぬか

なな‐なぬか【七七日】

人の死後49日目。四十九日(しじゅうくにち)。七巡(ななめぐ)り。しちしちにち。なななのか。「七七日の法要」

なな‐なのか【七七日】

なななぬか」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しちしちにち【七七日】

人が死んでから49日目。四十九日しじゆうくにち。なななぬか。 「 -の法要」

なななぬか【七七日】

四十九日しじゆうくにち 」に同じ。なななのか。 「うせ給ひて-のみわざ安祥寺にてしけり/伊勢 78

なななのか【七七日】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

七七日の関連キーワード十王(亡者を裁く10人の王)葬送儀礼のことば和泉式部満中陰志立ち日七巡り十三仏忌明志不断経忌日中陰命日十王七日逆修追善

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七七日の関連情報