コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七半 ナナハン

2件 の用語解説(七半の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なな‐はん【七半】

排気量750ccエンジンオートバイの俗称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の七半の言及

【賽】より

…さいころ賭博の隆盛とともに,一定の目のみを記したり,詰物をして特定の目がでるように細工した賽も現れた。 日本の賽は,古代より中世にかけて双六盤(すごろくばん)の駒を動かす補助具として用いられたが,中世に賭博用具として分離し,四一半(しいちはん),七半(しちはん)という賭博が広く行われた。詳細は不明であるが,さいころの4と1,あるいは2個の目の合計で7の目が出たときは賭け手の賭金の半分を胴元が取る方法と推定される。…

※「七半」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

七半の関連キーワードダットサン 11型フェートン鈴鹿8時間耐久ロードレース鈴鹿8耐8耐ダットサンDB-5型スズキ GSX-R750CBX750FGX750TX750オートバイ競走

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七半の関連情報