七月豪雨(読み)シチガツゴウウ

デジタル大辞泉「七月豪雨」の解説

しちがつ‐ごうう〔‐ガウウ〕【七月豪雨】

平成30年(2018)6月末から7月初旬にかけて、西日本を中心に全国的に降り続いた大雨前線と台風7号の影響により河川氾濫浸水害土砂災害などが発生し、多数死者・行方不明者を出した。西日本豪雨
令和2年(2020)7月3日から31日にかけて、九州地方を中心に各地で断続的に降り続いた大雨。停滞する梅雨前線の影響により河川の氾濫、浸水害、土砂災害などが多発し、甚大な人的・物的被害をもたらした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android