七月豪雨(読み)シチガツゴウウ

デジタル大辞泉「七月豪雨」の解説

しちがつ‐ごうう〔‐ガウウ〕【七月豪雨】

平成30年(2018)6月末から7月初旬にかけて、西日本を中心に全国的に降り続いた大雨。前線と台風7号の影響により河川の氾濫、浸水害、土砂災害などが発生し、多数の死者・行方不明者を出した。西日本豪雨。
令和2年(2020)7月3日から31日にかけて、九州地方を中心に各地で断続的に降り続いた大雨。停滞する梅雨前線の影響により河川氾濫浸水害土砂災害などが多発し、甚大な人的・物的被害をもたらした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android