七枚起請(読み)シチマイキショウ

デジタル大辞泉の解説

しちまい‐きしょう〔‐キシヤウ〕【七枚起請】

熊野牛王(ごおう)の誓紙7枚を継ぎ合わせて書いた起請文。また、遊女が客に宛てた長文の起請文。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しちまいぎしょう【七枚起請】

熊野牛王ごおうの誓紙七枚に書いた起請文。また、七枚継ぎの誓紙に書いた起請文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しちまい‐きしょう ‥キシャウ【七枚起請】

〘名〙
① 七枚の牛王(ごおう)の誓紙に書いた起請文。また、七枚継ぎの起請文。
※毛利家記‐慶長二年(1597)二月二一日(古事類苑・人二四)「七人の者共七枚起請かかせられ、諸事有様の体可申上旨、被仰付候条」
② 遊女が、愛情の変わらないことを誓うため、客に書いた長文の起請文。
※浄瑠璃・長町女腹切(1712頃)道行「いくよいくよの、うきつとめ、七まいぎしゃうそらせいもん、日ぽんごくの神さんをだましたつみか」
[語誌](1)起源は定かでないが、「七枚起請」とともに、「三枚起請」という定型もあったことが認められる。
(2)起請を、熊野の牛王宝印に書き、しかも三枚、さらには七枚書くということで誓約の厳重さを示そうとしたものと思われるが、一般に、「七枚起請」が一枚ずつ完結した七枚の起請のことか、七枚にも及ぶ長文の起請のことかは定かではない。いずれの形式も存したかもしれない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android