七難八苦(読み)しちなんはっく

四字熟語を知る辞典「七難八苦」の解説

七難八苦

七難と八苦。多くの苦難が重なること。

[解説] 「七難」は火難水難など七種類の災難。「八」は生苦・老苦・病苦・死苦・愛別離苦おんぞうとくおんじょうをいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「七難八苦」の解説

しちなん‐はっく【七難八苦】

七難と八苦。多くの苦難が重なること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「七難八苦」の解説

しちなん‐はっく【七難八苦】

〘名〙 (「八苦」は生苦・老苦・病苦・死苦・愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五盛陰苦をいう) 仏語。七難と八苦。
※卍庵仮名法語(18C中か)「未来永劫に七難八苦を受くること、最も悲しみ怖るべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android