コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万里小路仲房 までのこうじ なかふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

万里小路仲房 までのこうじ-なかふさ

1323-1388 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
元亨(げんこう)3年生まれ。万里小路季房(すえふさ)の子。伯父万里小路藤房の養子となり,文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年参議兼左大弁。権(ごんの)大納言をへて,従一位,准大臣にすすむ。嘉慶(かきょう)2=元中5年6月2日死去。66歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

万里小路仲房の関連キーワードフィルズシャーフィロズシャー愚中周及続後拾遺和歌集普門寺鵡川称名寺境内奈義町現代美術館沙汰未練書全相平話

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone