コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全相平話 ぜんそうへいわQuan-xiang ping-hua

2件 の用語解説(全相平話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全相平話
ぜんそうへいわ
Quan-xiang ping-hua

中国,元の歴史講談小説の総称名。作者不明。「全相」は全ページ絵入りの意,「平話」は歴史講談のテキスト。宋代に都市の盛り場で流行した講談のテキストに手を加えて出版したもので,現存するのは大正末期に日本の内閣文庫 (→国立公文書館 ) で発見された『武王伐紂書』 (3巻) ,『楽毅図斉七国春秋後集』 (3巻) ,『秦併六国』 (3巻) ,『前漢書続集』 (3巻) ,『三国志』 (3巻) の5種。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

全相平話【ぜんそうへいわ】

中国,元代初めの史書の講釈5種をまとめたもの。《武王伐紂書》《楽毅図斉七国春秋後集》《秦併六国平話》《前漢書続集》《平話三国志》で,いずれも3巻。著者不詳。元の至治年間(1321年―1323年)に新安の虞氏が刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone