コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三世因果 さんぜいんが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三世因果
さんぜいんが

仏教用語。過去,現在,未来三世にわたって,原因があって結果が生じるという法則 (→因果律 ) が支配すること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぜ‐いんが〔‐イングワ〕【三世因果】

仏語。過去・現在・未来の3世にわたって因果の法則が支配すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぜいんが【三世因果】

〘仏〙 あらゆる存在が、過去・現在・未来の三世にわたって、因果の法則に支配されていることをいう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三世因果の関連キーワード因果応報存在仏語